テーマ:高知

逆打ち遍路:本日打ち止め

本日の、そして高知打ち止め最御崎寺。ここをお参りした時点で午後3時、せっかくなので御蔵洞もお参りしましょう、と寄ってくれました。 嬉しい・・・(*^。^*) というのはこれで5回目なんですが、ここでも御朱印・御姿がいただける事を1・2・3回目は知らなくて、4回目に初めて知り(既にバスは動いていた!)、今回初めて書いてもらえま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆打ち遍路:芋と華

一時間半かかって金剛頂寺。これまたさっぱり記憶にありません。ようやく一粒万倍の釜はわかりましたけど(/。\) そうそうここで蒸かし芋と沢庵の絶妙な組み合わせでお接待をいただいたんですが、今日は閉まっていました。残念(゜.゜) といってもお腹一杯で、とても食べられないでしょうけどΣ(-∀-;) 25番津照寺、地元通称「つでら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆打ち遍路:水

27番神峯寺ではお水を汲まなくてはなりません(o^-^o) 水飲みの私は今回、コントレックス1.5リットルと、野菜生活900ccに水をもっていました。更にツアーでもらった爽健美茶500ccも(^-^)v で、コントレックスと爽健美茶、たっぷり2リットル汲んで来ました。 足が悪くて階段を登れない人が下で待っていたので、思いついて爽健…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆打ち遍路:2日目

いつも通り5時過ぎに目が覚めました。まだあたりは暗いし、夜が明けるまでごろごろ。ん~気持ち良い(⌒‐⌒) 窓を開けるとベランダに出られます。テニスコートやプールがあるところを見ると、バブルの時に建てられた長期滞在仕様のリゾートホテルだったのかしら。 朝ごはんは私の好きなバイキングp(^-^)q 例によってまわりが呆れるほど盛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆打ち遍路:黄色もあるのか

29番国分寺。ここの手水は、これじゃ水が汲めないじゃない、と思ったら何とセンサーで水が出るのw(゜o゜)w うん、流しっぱではもったいないし、溜り水は非衛生的だし、これはいいかも。ま、情緒はないけどね(*^.^*) 以前来た時は桜吹雪であったよなあ(*´∀`) うっとり思い出していた私の視界に入った黄色いカタマリ…葉っぱがなく、太…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆打ち遍路:龍馬生誕の地

お昼御飯をいただいたホテル龍馬生誕地の裏。色とりどりにきれいに盛りつけてありましたけど、残念ながら味が濃すぎました(T△T) さっさとご飯を終わらせて、生誕地の碑を見に行きました。そこにあったベンチ…ちょっとすごいデザインではないかと( ´∀`) 30番善楽寺は、さっぱり記憶になく、ほとんどスミマセンf(^_^;の世界。入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆打ち遍路:リョーマの休日

今回で高知は終わりです。いたるところでこの能天気なデザインが迎えてくれました。8時前に徳島からバスで出発、最初の32番禅師峰寺に着いたのは11時過ぎ。つくづく遠いわ゜゜(´O`)°゜ 狭い登りにくい石段を登って行くとなぜか子供の群(゜〇゜;)????? どうも先生の引率で写生会のようでした。 でもね 鉦を衝くのを「あ、衝くぞ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆打ち遍路:カツオづくし

最後の33番雪渓寺をお参りして、高速道路に乗る前のトイレ休憩+高知のお土産休憩がここ。店に入った瞬間、ぶわっと魚の匂いが…(;゜∀゜) 魚キライな人には入れんぞこれは。 今回のコースが一番遠く、バスに乗っている時間が一番長いものでした。これから先は徳島に近づく一方で、予約してあっても取り消しが多くなるそうです。ま、徳島県内なら自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆打ち遍路:種、花、実

34番種間寺。安産祈願の底抜き柄杓もこう並んだらオブジェだ。 売店では種間寺だけに種売ってるし( ̄▽ ̄;) ハイビスカスと彼岸花みたいな不思議な花が植わっていました。下の種?は莢えんどうに似とるよなあ。 ブログランキングに登録しています。 よろしかったら1クリックお願いいたします      ↓ 鈴の音紀行 特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆打ち遍路:昼ごはん

お昼をいただいた三陽館の仲居さんによると、ついさっき大層な雷雨だったとか。やっぱりね。 お昼御飯、お素麺あってお味噌汁はちょっとたぷたぷ…真ん中の茶色いのは鰹の生節の煮付け。そのままでも好きだけどな(o⌒∇⌒o) 35番清瀧寺もタクシー乗り換え。たぶんわざとだな、物凄く荒っぽい。マルナカの駐車場はお遍路さん団体に我が物顔に使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆打ち遍路:雨の合間

またまた2時間、マイクロバスに乗り換えて山門下まで行きます。トイレに行っていた人達が危うく置いてきぼりを食うところでした。添乗員、なぁにが「お揃いです」だよ(ー。ー#) 雨がさっきまで降ってました、という風情の石段は怖い(((・・;) ブログランキングに登録しています。 よろしかったら1クリックお願いいたします    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆打ち遍路:まずは100キロ走行

8時出発。足摺岬から今日最初の37番岩本寺まで約100キロあるそうです。途中ビオスおおがたという道の駅でトイレ休憩、さらに30分走ります。 岩本寺で生姜アイスが美味しい、と先達さんが教えてくれました。そういうのを聞くと、食べねばならんように思う(* ̄∇ ̄*) 確かに美味しい。 この店で不思議な花を見かけ、球根を分けてもらいま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆打ち遍路:朝のひと時

6時半前に目が覚めました。曇っています…6時半頃雨が降り始めました。卯の刻雨に傘持つな、と言いますけどさて? 今回スマホに替えたので、ラジオが聞けます(*^▽^*) テレビはあるけどラジオはない、でも私はラジオが聞きたい…いつも欲求不満でしたがもう問題ありません。 有料でFMが聞けるアプリがありますけど、なんでそんなもの(゜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆打ち遍路:一日目終わり

夕食はこれp(^-^)q 皿鉢、っぽくしてありますね。で、お寿司があるのに後からご飯も来て、それぞれは二口三口なんだけど結構な量でした。 部屋に帰ったらお布団が敷いてありました…これが嫌なのよ私は(-_-#) 露天風呂があるというのでいってみました。ややぬるめ、これでは冬はちょっとむりだろうなぁ(*_*; 星が見えます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆打ち遍路:奇岩巨岩

金剛福寺は数年に亘る工事現場状態が、すっかりきれいになっていました。海が近いから、奇岩巨岩には事欠かないのかしら。ちょっとびっくりしたのは手水の脇の…珊瑚、だよね(((((゜゜;) 山門前の常夜灯は片方こんな風に朽ちて?浸食されて?いました。さて、四国の端っこ、に立って、足摺シーサイドホテルに宿泊です。 ブログランキングに登録して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆打ち遍路:とおいっ!!

2時半に延光寺。雨が降っていたらしく、道が半分濡れています。うもれるわ~(阿波弁=蒸し暑い) 目洗いの水やら、亀がしょってきた鐘やらあるところです。 ここから本日最後の金剛峯寺まで72キロ、地図を見るといかにも遠い…(゜.゜) なんせ今回は移動時間が長いので、図書館から借りた京極夏彦のこれでもかに分厚い本を持ってきました。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土佐路おいしいもの遍路

今回のツアーは2日ともお弁当で、しかも1日目はバスの中でだったので、正直わびしかったのですが、基本的に私は食べるものに文句は言いません。出された物は黙って全部いただきます。   25番津照寺の山門入り口の店で、「夫婦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土佐名水遍路

27番札所神峯寺では湧水が汲めます(^_^) ガイドブックに赤字で「水汲める」とメモがありましたので、空のペットボトルを持って準備万端それから28番大日寺にも湧水がありました。ここでは初めて、奥の院まで連れて行ってくれたのですが、その小さな祠の足元に、水が引かれておりました。 地元の、同じ梵字のマークをつけた、お寺かなにかのお仲間と思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土佐路花遍路

さすがに土佐は南国じゃ、花がもうこんなにさいちゅう、ほらっ  ・・・今江祥智「どろんこ祭」です。ずっとこれが冒頭の1行だと思っていたんですけど、違いました(^.^)花どころか、田植えが始まっていました\(◎o◎)/!昔学校で、高知は二期作ができる、と習いました。今年はきっと、東北のお米が大変なんじゃないかなと思いますので、頑張ってくだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土佐路遍路 空と海

これまでのツアーではバスで素通りするだけだった御蔵洞(みくろど)をお参りしました。同じような洞窟が二つ並んでいて、添乗員の説明によると向かって右が居住スペース、左が修行場だったそうです。 初めて自分でお遍路した時、この最御崎寺のある室戸で泊まりましたので、ここへは誰もいない早朝に参りました。地面が濡れていて、座ってみるわけにはいきませ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

土佐路マンガ道

朝の散歩で、高知城への道中、こんなのが目に入りました。一瞬落書きかと思ったんですけど、良く見たらプロの絵じゃありませんか。これって、四電=四国電力の設備ですよね?クジラをテーマに描いてもらったんでしょうね(#^.^#) 高知は、著名な漫画家が沢山出ていて、「マンガ甲子園」が開かれるところですよね。今年はどうなるこっちゃだったのですが開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土佐路史跡遍路

今回のJRお遍路ツアーは本来24番から27番までと28番から34番までの2つの日帰りツアーなんですが、徳島まで帰って翌朝また汽車で高知まで来る、というのがどうにもたいそうで、1泊しました。お遍路ツアー専用割引切符は特急自由席券往復4000円、2往復で8000円、宿は5600円。その差額なら体が楽な方がいいです( ^^) _旦~~ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お遍路ツアー土佐路へ

今まで利用していた徳島市バスが観光事業から撤退してしまったので、今回はJRのツアーで行きました。これは格安チケットでバスの出発地点までJRで出かけて、駅を発着点にするバスツアーというものです。 6時49分の特急はこの大笑いな地名の駅で停まります。ここは「大歩危・小歩危」(おおぼけ・こぼけ)という県内有数の景勝地なんですが、特急電車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土佐バス遍路:海辺の道

初夏のような日よりの翌日、足摺岬2日目は言わんこっちゃないの雨の朝です。昨日のうちに38番さんお参りしておけば楽だったのに・・・ 昨日のうちにお参り散策をすませておいて早立ちすればというのは客の言い分で、それをやるとお昼ご飯の予定が狂って困るんでしょうね。でもねーあれっだけ天気予報が翌日は天気悪いと言ってるんだから、早く走れないこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土佐バス遍路:絵はがきの中へ

日没を眺めていた灯台をのぞみます。世界中が薄紫に染まり始めました。そろそろ帰らないといけません・・・ いつまでもいつまでも、見ていたいのですが・・・ この先に、「21世紀に残したい日本の風景」として、また別のところから灯台が見えるところがある、という看板が出ていました。徒歩6分、往復12分、見物の時間を入れても15分ですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土佐バス遍路:いざ極楽浄土!

真打登場!という感じの風景です。太平洋に日が沈みます。老境に入った僧たちが箱同然の船に乗り、浄土目指してこぎ出したという普陀落渡海の地です。僧たちは、沈みゆく太陽に、御仏の後光を見ていたのでしょうか。 これを見ていたのは灯台の足元の展望スペースです。他に人はおらず、聞こえるのは波の音だけ。いつまでも見ていたいと思いましたが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土佐バス遍路:不思議岩

灯台までの道中には『七不思議』と名のついた岩がいくつもあります。じっくり解説を読んだのは初めてですが、へえ~(゜o゜)を連発してしまいました。 ブログランキングに登録しています。 よろしかったら1クリックお願いいたします      ↓
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

土佐バス遍路:椿の群生地

洞門から灯台までの遊歩道を歩きました。道みち、10万本単位で茂っていて、ちょうど盛りの椿が見られると楽しみにしていたのですが、桜みたいには見えないんですね。見上げる椿、これならうちの近所のお寺さんの大きな椿の木1本の方が花は沢山見られるかも・・・ ブログランキングに登録しています。 よろしかったら1クリックお願いいたしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土佐バス遍路:ヒトの視界(◎_◎)

5時前に宿に着いてしまいました。 3人部屋になったんですが、2人のおばさんたちの片方の人は「散歩でも行こうかしら・・・」と言っていたんですが、もう一人がいきなりテレビをつけて「明日、回るし・・・」とあまり乗り気でない様子。結局そのまま2人とも動かず、お互いのプライベートを根掘り葉掘りし始めたみたいです・・・ みたいです、とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土佐バス遍路:天井の絵画展

37番札所岩本寺。天井画がモダンというか変わってるというか・・・(^_^;) ツアーということで、ゆっくり一枚ずつ観賞してはいられません。マリリン・モンローの絵は今回も見つけられませんでしたが、黒猫白猫のこんな楽しいのを見つけました。 その下のは、ピカソみたいですよね。 ここは、お寺の本堂ですっ!! と声を大にして叫ばない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more