テーマ:アンティーク・古道具

雛人形展

この時期、毎年徳島城博物館では雛人形展をやっています。数年前大きな御殿飾りを寄贈して以来、毎年1度は足を運びます。 桜の咲く頃ですので、徳島城公園で花見をして、雛人形展を見て、お抹茶をいただいて・・・( ^^) _旦~~というのがいつものコースなんですが、今年は桜はまだ固いつぼみです。 特別展の入り口に飾られた御殿飾りは、お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目覚まし時計

携帯電話の修理待ちの間代わりを借り、ラジオのお目覚めタイマーもどうにかセットできましたが、これを機会に一番基本の目覚まし時計というものを復活させようと思い立ちました。 100均でも買えるご時世に、私が引っ張り出してきたこれはおそらく40年くらい前のトラベルアラームです。世界の時刻がわかるようになっているデザインが好きなんです。きれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンパクト家具

とても面白いものを拾いました(^.^) これ、何に見えます? はじめ、小抽斗かと思ったんです。色合いといい金具の風情と言い、明治大正モノかと思われます。しかしよく見ると、蝶番が・・・何だろこれ(゜-゜)? ・・・まさかこんな形で完成ではあるまい(-"-)・・・もうひとつ蝶番があるぞっと・・・ おおっ(゜o゜)!折畳式文机!!凄いっ\(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

印籠リサイクル

台をつけて鉛筆立て・眼鏡立て・・・コメントくださった梅やんさん、そのアイディアいただきます(#^.^#)!! ふたを取り外しまして、上下に空いた穴に紐を通して括りつけます。ふたも底も曲面でつるつる滑りますので間にクッションになるものを挟んで出来上がり(^◇^) 眼鏡・携帯は入りませんでしたし、私は筆記用具はすべて引き出しにし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玉のれん

唐突に玉のれんが欲しくなりました(゜-゜) 木のビーズをつないだじゃらじゃらした、昭和30~40年代くらいにどこの家にもあったあれです。 昔はあれが嫌いだったんですがね・・・大人になったということでしょうか(^_^) 大人なら初めから手でかき開いて通るところ、子供にはたぶんちょうど頭なり顔なりに当たる高さでうっとうしかったんじゃな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

博物館からのお誘い

徳島県立博物館から、こんなご案内が来ました。何かと思いましたら、去年大量に寄贈した古道具の中から、伯母のものだったシンガーミシンを展示するからよかったら、というお誘いでした(^。^) 前夜祭の練習がこの博物館であるんだけどな~ 練習に行くついでに見られたらいいのにな~ 残念、練習は夜7時。博物館はとっくにしまっています(>_…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

面白グッズ

この木槌のような物品、何だと思います? 先日オークションに出品して落札されたものなんですけどね。実はこれ、石臼の挽手なんです。 石臼本体も持っていますけど、植木鉢台にいい感じなのと、重すぎて誰か落札してくれてもとても発送できる自信がないのとで出していません。 オークションには石臼本体はよく出ていますけれど、どれも挽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お人形さん

私はあまり人形というものに興味がないのですが、日曜市の顔なじみの古道具屋で妙に目を引かれました(゜-゜) 先月ふと心に引っ掛かり、今日とうとう連れて帰りました。少し髪が乱れていたので櫛で梳いてみたら抜けてきてしまったので、手で整えるにとどめました。プロでなければ綺麗にはできないでしょう(^_^メ) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一目惚れ(#^.^#)

欲しかったんですよ、古い水屋箪笥! 欲を言えば一番上の棚分くらい背が高いんですが、明治時代の人の身長に合わせて作ってあるものですから、私の背よりは低いんです。 先日日曜市で淡路の骨董屋の店先で一目惚れ、即決購入、2時間後には私のアパートにお嫁入り。100年前からここにありましたって言うくらい、しっくり収まっています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拾っちゃった

お花を、拾っちゃいました(^_^メ) えらい立派な花束で、時期的に送別会とかかと思うんですが、歓楽街の植え込みの上にぽん、と置いてありました。 出勤途中だったので、「あらまあ」と思っただけで通り過ぎたんですが、帰り道同じところを通ったら、今度は道に落ちていて・・・ 持ち主がいないんなら貰って行こうかな?もったいないし、生き物だし・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御殿飾り

骨董屋で安く買って、その10倍のお金をかけて人形を直してもらったものです。骨董屋が、「うちでもそれくらいで買ってくれれば・・・(^◇^)」と笑っておりましたが。これも、徳島城博物館予約済(^^♪ これは、私の母の世代の人の、祖母に当たる人のもの、ということでした。母は70、祖母は90、ということはそのもう1つ上の世代ということは生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立春

節分はな~んにもしませんでした。豆まきも、恵方巻きかじりも。 でも、今日はお雛さまを飾りつけなければ(#^.^#) 1ヶ月間とはいえ、年に一度のこと、しまいこんでいてはお雛さまが泣きます。 去年も出したこの親王雛は祖母の嫁入り雛です。徳島城博物館行きが決まっているものですが、もうしばらくは私のところにいてもらいます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とんびのクリーニング

先日落札したアンティークのとんびコート、一日陽に当てて掃除機をかけて、それでいいかなと思ったんですが、あちこちに虫食い穴があるということは・・・やっぱりクリーニングしよう(-_-) 卵とか残ってたらイヤだ(ーー゛) ロングだしな~ マントついてるしな~ フードは未使用だけどやっぱり洗っといた方が安全だよな~ これ、別料金だよな~ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とんびコート

とんびコートが異様に好きでして・・・  以前横浜の古道具屋で一枚購入したのですが、他のものと一緒に博物館行きにしてしまい、今回改めてオークションで落札しました。 なんと2枚も!どうするんだ私(^_^;) 一枚は新品です。細かい千鳥格子の薄い秋~初冬といった風情の薄いもの。作って売っている人がいるんですね。 もう一枚は…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

素敵な訳文( . .)φ

この時期になると手に取る本があります。 チャールズ・ディケンズ著 アーサー・ラッカム絵 小池滋訳 新書館  「クリスマス・キャロル」 落語調の訳文が軽妙で、とても好きなんですが、残念なことに1985年の出版ということで、今では購入することができません。日本では、どんなに素敵な本でもすぐになくなってしまうんですよね・・・(゜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あ、やっちまった(^_^;)

日曜市のなじみの古道具屋で、小さな本箱を買ってしまいました(>_<) 同じようなのを持ってるんです。 同じようなので、もっとサイズの大きいのなんか2つもあります。 でも、こういうの、大好きなんです・・・ よく見ると、右扉の左端が、真ん中から欠けてなくなっています。 扉を開けると、ガラスは左右と下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柳行李の紐かけ

日曜日で遊びに行った祖母が、何の脈絡もなくテレビで見たという柳行李の話を始めたかと思うと、「行李の紐の掛け方」を実演ともども教えてくれました。 そのやり方だと蓋にひし形ができて、とてもきれいなんです。 こんなことができるのはもう90もなるような人しかおれへんだろう。歳が行っとっても、ずっと家にいた人もできん。 それはそ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

模様替え

徳島県立博物館が、ようやくミシンを取りに来てくれました(^-^) ミシンをかける時に使っていた、これまた戦前の椅子と、母の実家の屋号入りの大きな箱、そして「やっぱりこれもだ」と思い直した文机。 部屋の中で見るとほんとに空間を占領している感じがするのですが、外へ運び出してみるととてもかわいらしく見えます。1トントラックの荷台にち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

骨董品とともに

メインのミシン以外の、山のような古道具は学芸員さんたちが来る前に、鵜の目鷹の目で家の中を眺め渡し、「この際!」と出したものです。 例えば防空リュックや裁縫箱や棒秤みたいに、確かに古いものであっても単品でくれるといっても向こうも困ると思うんですよ。 にもかかわらず、我が家にはまだその差し上げてしまったクラスのものが沢山ある。今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嫁入り雛

昨日は豆まきこそしませんでしたが、しっかり恵方巻をいただきました(^.^) でもねー太巻き1本って、すごい量なんだよね、かんぴょう巻きとかかっぱ巻きみたいな細いやつでやればよかったかも。 で、今日は節分。何か新しいものをおろすといいというので、スリッパ。それから金運アップのために100均で買った貯金箱に115円のおまじない金を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古道具寄贈

ミシンを持っていってほしい、というのが今回のメインだったんですが、事のついでにこれも持って行ってくれると嬉しいなあ・・・というものを山と積んでおきました(^_^) 戦時中、金属供出で火鉢を全部出してしまったので、代用に購入した素焼きの火鉢4つ 防空リュック(防災、じゃないですよ) 餅なんぞを入れる、屋号入りの平たい箱7・8個 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通貨コレクション

母が子供のころ、裏の畑(ぽちがなく~♪)で掘り出した二分金というものがありました。 学芸員さんが、「とりあえず絵ハガキと、女の子の産着だけ取りに行きます」とまた来てくれたので、「こんなんは?」と聞いてみたら「要ります!こういうのは各種とりどり、何でも欲しいんです」 「かくしゅ とりどり とな (^_^)」 「・・・え?」 ―…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遊山箱

最近、徳島ではやっている「遊山箱」というものです。子供用携帯お重箱。 戦前、お雛さまの時期に、よそのお宅へ持って行って食べたら(大した量 入りませんからね)、その家でまた中身を詰めてもらって次へ行ったそうです。 お寿司とか、お菓子とか・・・楽しそうでしょ(^-^) 昭和16年生まれの母のころにはもうそんなことはして…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

博物館寄贈

お雛さまを寄贈する時にお世話になった徳島城博物館の学芸員さんに連絡を取って、我が家の古道具類を引き取ってもらえないか相談しました。 ただ、徳島城博物館はその守備範囲が「城」というくらいですから蜂須賀さんち(・・・友達かよ(^_^;) )関係とか、「徳島市内」関係なんですね。 今回のメインはいつぞや掲載した100年前のミシンな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モノを大切に

  ・・・しかしここまで使う人はあんまりおるまいなあ・・・(^_^;)  鉛筆は鉛筆ホルダーを使っていますが、ホルダーが支えられなくなるのと、削れなくなるの、どっちが早いでしょう? ここまでくると、限界への挑戦という感じになってきます。どっちも捨てがたくて・・・ ワンプッシュ鉛筆ホルダー【シルバー】 RH010SVクツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古物再生:子供椅子 2

溶剤での除去が無理なら、物理的手段に訴えるのみ(-_-) 本職に頼んで全部洗ってもらって、ってするほどのもんではなし(たぶんびっくりするほど請求される(-_-;) ) ごく荒い紙やすりでぞりぞりぞりぞり・・・ さすがに取れましたね(^_^メ) しかし、当然の話ながら、身の方も削っちゃうんだわ。 んー どうしようかな?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古物再生:子供椅子

   この椅子に座っていたのは・・・    ・・・かれこれ40年前でしょうかねえ・・・(゜.゜)    祖母の家の物置で埃まみれになっていたのを貰って    きたんですが、さてどーしたもんか(^_^;)      脚と言わず座面と言わず、べったべたに貼られた    シール、まったく子供ってなんてことしてくれるんだろ(~_…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オークションのフシギ

病院で患者が亡くなると、立て続けに3人くらい亡くなるんですけど、ネットオークションも同じなのはなぜかしら(゜.゜) 1か月以上入札がなくて、自動再出品を繰り返していたのが、ある日「昭和レトロ果物フォーク」が売れました。 40年代にどこの家にもあった、カラフルで小さな果物フォーク、これが始まりでした。 まず大正期の大きなセル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少女の友ふろく

『少女の友』中原淳一 昭和の付録 お宝セット実業之日本社 中原 蒼二 ユーザレビュー:二度と戻らぬ時代戦前 ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 買っちゃいました>^_^< この日のためにためたお買い物券交換ポイント、この日のために待ったポイント3倍デーo(^-^)o 私はどちらかというと中原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おお、留っとる(^^♪ へーよくできてるんだ♪ ちょっとぼけてるけど、花の上の額は、高畠華宵描くところのお小姓さんが笛を吹いていて、その足元に白菊が咲いているというもの。 それに合わせたらいいかなと思ったんだけど、菊ってのはどうしてもお墓か仏壇の雰囲気が漂ってしまうなあ・・・(^_^;)  こっちの先入観なんだけど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more