阿波踊り開幕!!

1年間、この日のために励んできた阿波踊り開幕ですヽ(^。^)ノ  郷土文化会館選抜阿波踊りトップ、11時の舞台。10時に徳島駅から新町橋経由東新町商店街を流す、阿波踊り振興協会の恒例行事「早朝阿波踊り」には笛は部隊を分けて参加、〆太鼓や三味線は途中ですっと抜けて郷土文化会館へ。 「本日は満席でございます」のアナウンスにぎょっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳴門阿波踊り②

鳴門の祭は徳島市に比べると・・・だいぶショボイです(゜-゜) ゴメン 桟敷は低いし、なんたって短くて予定の演出ができるだけの長さがあるかどうか危惧されてしまうし、まあ金曜日ってことで客も閑散としてるし。 それでも、見渡せば徳島から来ているのはえびす、葉月、うずき、水玉、のんき・・・会わなかっただけで他にももっと来てたんじゃないかと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳴門阿波踊り―晩御飯

9日、徳島県下最初の阿波踊りが鳴門で始まりました。待ちきれない徳島市から、いくつもの有名連が出かけて行きます(^-^) 桟敷出演は7時半過ぎ。4人で乗り合わせて、5時半過ぎには鳴門市役所に車を停め(遅くなると場所がなくなる)、連れだってご飯を食べに行きました。 始めに行こうとしたお寿司屋さんは予約でいっぱい、次候補のステーキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆打ち遍路:伊予は、遠かった

本日打ち止め龍光寺。こうして見上げるとげげっ( ̄□ ̄;)!!という階段だけど、実際に登るのは半分。あとの半分は、上のお稲荷さんへの階段です。 雪の階段で何度スッ転んだことか…(>_<。)何回来ても、一番最初に自力で回った真冬の記憶がよみがえります。 参道の簾をかけまわしたお家がちょっと素敵でした(^-^) 正しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆打ち遍路:伊予路 明石寺

明石寺では本堂修築中であいにくでした。ここは賽銭入れが本堂・大師堂とも足元にあって、一瞬躊躇します。 古びた山門に蜩が降るようでした。 バスを降りた時から気になっていたソフトクリームの幟。ヴァニラと抹茶、そのミックス…抹茶、いただきます('-^*) バスに乗ったら雨が降る。それも結構な、これはいけんわという降り方だった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆打ち遍路:折り返し

44番大宝寺、あ~88ヵ所の折り返し寺ですけど偶数に真ん中はないですね(*'-') この売店にとても綺麗なお地蔵さまの絵葉書があったんですが、1枚200円が一体何種類…(-_-;) こういうのを見ると全種類揃えたくなる質なので、ん~やめとこっ(*´д`*)選べないし、選ばなかったやつが後で気になるっ(ノ-"-)ノ~ バスに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆打ち遍路:岩屋寺

11時頃、やっと最初のお寺さんに到着です。山の上は雨っぽい、というので合羽を羽織ります…あつ… ぜーはー言いながら登りきり、さっさとお詣りして降りしなにトイレに行ってみてびっくり。 ここはトイレはなかったんです。 できても山のこと、ぼっとんで臭くてキタナくて…と思ったんですけど、あにはからんやえらくハイテクヽ(゜ロ゜;…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆打ち遍路:伊予路 食い物の恨み

逆打ちお遍路ツアー、今日はたった5ヶ所…といっても打ち始めはいきなり山登り、これでもかの岩屋寺!!…がんばれあたし(;¬_¬) バスの中で、昼食は車内で弁当、と言われました。2日前に同じコースで食堂に入ったら遅くなったから、というのがその理由。同じ代金取っといて片や温かい食事をきちんと、片やショボい弁当をバスで。変更があれば事前に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誕生月特典

今月は誕生月なので、あちこちから特典のご案内、というのが届いています。 デパートや化粧品屋はもちろん、クリーニング屋に酒屋、果ては歯医者からまでハガキが来ています。 直接割引してくれるもの、粗品をくれるもの、ポイントを通常より沢山くれるもの、クーポン券をくれるもの・・・なんだか使わないとソンのような気がして、8月はいつも大散…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淡路の島祭

毎年恒例、淡路島祭に阿波踊りで職場参加「しなくてはなりません」。まあ私はお祭り好き踊り好きですからいいんですけど、興味ない人にはこれほどあほらしい行事もなかろうと思いますね~(^_^;) 実際、4月に入社した看護師が、阿波踊りイヤさのあまりパートに変わっていました。それはそれで凄いと思うけど、阿波踊り期間の連休が取れないんだったら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コレクター?

笛のストラップを作ってヤフーオークションに出品している人から毎年買っています。竹でできたストラップや腰飾りはいくつも買って鞄につけたり贈り物にしたりしています。もういくつ買ったことやら(^_^;) 去年はシルバーのペンダントヘッドを買ったのですが、その時「金色のが欲しい」とリクエストしたんです。そしたら、18金で作ると6・7万円に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日よけシート

おととし、寒冷紗をベランダに広げて日よけするとずいぶんと涼しいよと教わって実行、寒冷紗は一夏でぼろぼろになってしまいましたので、去年もうちょっと丈夫な日よけシートを買いました。色も焦茶色で光をさえぎる度合いも高いものです(^-^) ベランダ全部をそれで覆ってしまっては暗いかなと思って、去年は半分だけにしたのですが、明らかにそっちの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

留守番、という概念

昨日の土用団子から連想がわいて、確か幸田文の随筆だったと思って何冊かめくってみたのですが見当たらないので、記憶を頼りに綴ります( . .)φ 幸田家の人々がどこかへ遊びに行こうということになって、「よしわかった留守番は任せておけ」と胸を叩くと、それじゃ面白くない、お母さんも一緒でなければ、というので留守番を頼んだ、という話です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土用の・・・おだんご(*^_^*)

今日は丑の日で、朝から鰻高騰につき泥鰌の養殖に切り替えただの、中国韓国と資源保全について協議を、だのというニュースが流れています。 土用の丑に鰻を食べると夏バテしないというよりは、そーんなくそ暑い時期に鰻みたいなむつこい(阿波弁=脂っこい、しつこい、くどい)物が「食べられる」人は夏バテなんかとは無縁なんじゃないかと毎年思います(-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予定詰み詰み

今日は練習明日は会館明後日はリハーサル、という日々に突入しました。一つ一つ確認しながらこなしていかないとわけがわからなくなります(~_~;) 昨日の会館なんか、どう考えてもめためたでした。だけど今の時期、阿波おどり関係者は練習に忙しいから絶対来てないよね、と安心しきっていたら公演後に友達から「お疲れさまでした♪」メール。いたの(゜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワスレモノあれこれ

衣装をつける段になって「しまった・・・(゜o゜;)」と青ざめる忘れ物の数々。これまでに自分がやった、あるいは見た他人の忘れ物のあれこれとその繕縫策を一席(^_^;) 足袋が、両方右だああっ\(゜ロ\)(/ロ゜)/  靴下と違いましてね、足袋には左右があるんですわ(^_^;) この時は室内での短時間での演奏だったので、とっさに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衣装、というもの

職場の老健で季節のイベントとして「夏祭」をします。といっても、入居者のレベルが低いので、さて何をしたものか・・・(>_<) あれやこれやできそうなことを考えたもののどう考えても時間が余る、もうやけくそのように「踊るかヽ(^。^)ノ!」 職場には有名連の現役女踊りがいますし、私もモノにはならなかったとはいいながら、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

苦手だわ

先日、「三味から始まって笛が入って、〆・おおど」という指示が出たのでその通りにしたのに、何を思ったのか三味線が弾くのをやめてしまい、止まってしまいました(~o~)  私は三味線で入る、というのがとても苦手です・・・全部一緒に聞こえる(T_T)  だから、「あ、ごめん」でまた弾き始めたその「途中から入る」なんて器用な真似はよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆打ち遍路:伊予路 本日の打ち止め

バスに戻った時、ばらっと雨粒が落ちてきました(~o~) あと1つ! 最後の浄瑠璃寺に着いた時にはかろうじて上がっていたので、大急ぎでお詣りしました。ここは山門がなく、子規の句碑とお寺の名前を彫った石とが門柱のように階段を挟んで立っています。この句碑、読めません・・・(T_T) 迷わず活字の方を読みました。 バスに戻ったとたん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆打ち遍路:伊予路 カラフルだ♪

次の47番八坂寺は、楽しいものが沢山ありますヽ(^。^)ノ まず山門もどきの屋根付き橋には天井画。階段と鐘楼の脇に紙細工がさしてあって、綺麗で何かと思ったら、結構ごつい意味のモノでした(^_^;)div align="center">それから「極楽への道」「地獄への道」。天井の低いトンネル状の通路が作られていて、その両側の壁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more