笛吹きお遍路さんのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 刺青そのA

<<   作成日時 : 2012/07/02 06:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

色は黒か茶、といわれたので焦茶にしてもらいました。顔料を混ぜて色を作るのですね。そこから先は私は目をつむっていたので(-.-)何をどうしたのかはわかりません。

「うちのは美容のと違うから、取れんでよ。かんまんな。」と最後通牒のような言い回しながら、これは立派な「インフォームドコンセント」(^_^;) 

彫るべきラインを描き、「ちょっとチクっと痛いよ」と言われてそれに沿ってジャッジャッと音がして、強い毛を剃刀で無理矢理剃るような鈍い痛みがありました。以前本で読んだように、針で細かい穴をあけて、そこに顔料を押し込んでいるのだろうと思うのですが、何しろ見えないのでなんとも(゜.゜)

30分くらいで両眉終わって、鏡を見て正直ぎょっとしました(・。・; ラインは綺麗なんですが、ポスターカラーで塗ったような、べったり色(~o~)

馬油をすりこんでくれながらの説明によりますと、13日(2週間、と言わない厳密さが信じていいかもと思わせます)すれば色が落ち着いて、今みたいな真っ黒ではなく茶色がかった色になる、とのこと。

注意事項は石鹸で洗わないこと、陽に当てないこと、そして少し分けてくれた馬油を塗ってティッシュオフ、残りをよくすりこむこと。

そして最後に、「お湯で」洗顔すること。そうすることで色が良く入るんだそうで、この最後の注意事項は、谷崎潤一郎の「刺青」のラストで女が色あげするためにお風呂に入って半死半生になるシーンを思い出させました。

おとろしげな設えやご本人の様子はともかく、綺麗に丁寧に仕上げてくれました。しばらく鏡を見てはたじろぐ日々が続くでしょうが、行って良かったと思います。代金は4万円でした。

ブログランキングに登録しています。
よろしかったら1クリックお願いいたします 
    ↓
人気ブログランキングへ


刺青・秘密 (新潮文庫)
新潮社
谷崎 潤一郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 刺青・秘密 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
刺青そのA 笛吹きお遍路さんのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる