スリルとサスペンス

・・・恐怖のひと時でした・・・(~_~;)

仕事の後で新入社員歓迎会が開かれ、常勤職員は強制出席とのこと。「徳島からの人は帰りの車が出ます」というので安心して出席しました。新入社員ですし、当然だと思って。

リハビリの学校を終えたばかりの療法士10数名の寸劇やインドネシアからの看護師候補生の歌、ビンゴゲームやカラオケと大騒ぎをして、さて帰る段になりました。

送迎バスではなく、デイサービスの送迎に使う車に数人ずつ分乗し、運転も自分たちでするということでした。

「さあ着いた」と降りるときになって慌てました。そこは「鳴門」だったんです。私は「徳島市」からの通勤ですから、更に車で30分はかかる、そんなところで放り出されては困ります。

徳島まで帰る足がなければ「強制出席」も届を出して「欠席」にするなり、いっそデイサービスにはベッドも布団もあるんですから泊まりこむなり、方法はあるんです。

「徳島行の車は鳴門止まり」、そーんな大事なことは、先に言ってもらわなければ(-"-)

会社は徳島市から通っている職員がいる、ということは把握しているはずなのですから、その車が本当に徳島市まで行くのかどうかを念を押すべきだった、この会社はそういうとこがあるから、なんて言われても、初めての人間にわかるわけがありません。

うろたえまくっている私を、鳴門まで自家用車で来ていて、徳島市まで帰るという人が一緒につんで行ってくれました。この人たちがいなかったらと思うとぞっとします(-_-;)

あまりにも怖かったので、その人たちの名前と電話を携帯に入れ、次の8月の行事の時にもお願いしますと拝んできました。

ああ、ほんとに恐かった・・・(;一_一)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック